メンズ

大規模修繕は建物のメンテナンスに必要不可欠

住民へ説明をする

クレーン

大規模修繕工事の内容は数多くあります。外壁の補修や塗装、防水など実に様々です。大規模修繕工事を行なう目安は10~12年に1度とされており、それを過ぎている場合は老朽化が進んでいるはずです。ですから、業者に依頼をして大規模修繕工事をした方がいい場所を調査してもらいましょう。そうすれば、どの部分を補修したり塗装した方が良いのか明確になります。しっかりと調査をしてもらうことで、見積もりを明確に算出できます。

大規模修繕工事を行なう場合は、居住者に説明を行なわなければいけません。説明は担当業者が行なってくれます。説明会では工事を行なう範囲や、注意点などの内容を話します。大規模修繕工事中は騒音があるかもしれませんから、説明会でしっかりと理解してもらうことが重要です。そうすれば、トラブルなく最後まで安全に大規模修繕工事を進められるでしょう。

住人からのクレームが嫌ということで、大規模修繕工事を行なわないマンションもあります。実際に一時的だが負担金を支払わないと言う方や、シンナー臭いと言う方など様々です。ですが、だからと言ってそのまま建物を放置してしまうと雨漏りで鉄筋が錆びたり、排水の汚れで蛇口から錆びが出たりなど色々な問題を発生させてしまいます。ですから、しっかりと住民に大規模修繕工事を行なう旨を伝えて理解を得ることが大切なのです。
一時的な負担金もしっかりと支払ってもらえるように、業者と予算についても話し合っておきましょう。